2008/3/10
外部ブログにケタケタ・HITC...
CONOE.netでは、外部ブログとしてCyberzサイト「HITCHART.com(http://hitchart.com/)」「ケタケタ(http://ketaketa...
>> 過去のニュース
 
名前 rogu
誕生日 1987年8月22日
コメント 自然が好きで、四季のなかを旅したり歩いたりしながら文を書いて...
Q&A・質問と回答
CONOE.net質問箱
みなさんからの質問にお答えしています。お問合せの前にまずお目通しください。

⇒質問&回答集へ
2011    
2011/2/23
ベンチに座って
今日の天気は4月の桜の咲き時期の陽気とか・・・暖かいはず、
いつもなら曝している手足の先が冷たくなって来るのに、今日はそれほど直ぐに隠したくならない。
鮮やかさを増し始めた新芽、雪柳の新芽に緑を見て、つぼみの膨らむ日も近い。
北国はいまだに深い雪のなかなのに、私の住むこの町にそろそろ春の雪融けが始まる。

日を追う毎に桜のつぼみは膨らみ、新芽はセピアの草を割って葉を拡げ、
やがて萌黄が地表を覆うと、空のつぼみは大きく膨らんで臨月を迎える、
春・・・後一枚めくればその季節、もう少しの辛抱、そう私に言い聞かせる。
待つ

人は繰り返し・・
この春を迎えることに意義がある
ある人は数度
若い人はこれから数倍の春を迎える

でも・・・
迎える春の表情は違う
いい顔の時もあれば暗い哀しい時もある
それぞれ受ける感じも
その人の状態によって違う


春の一花・・・
古から咲き続ける桜
人は桜の花を同じ想い同じときめきで求め
花の鮮やかさに酔い
歓び
夢を追う
それが短いひと時の快楽の戯れと知りながら
その魔性に魅せられ

いま
・・・
人は同じ想いでこの花を待つ。

Posted by rogu
at 京都府 2011年2月23日  9:30
[エンピツ]
コメント
まだありません

[ 利用規約法人・商用利用規定 | プライバシーポリシー | 基本的な使い方質問(Q&A)お問合せ | 広告掲載 ]

Copyright(c) 2007-2008 Cyberz Inc. Allrights reserved.

CONOE.net?.COMLn.jpHITCHART.COM
CCPERIKOVCastEngine